大切なペットをなくしてしまったら【ペット供養の手引き】

ペット供養の方法を知っておこう~火葬できるものは限られる~

大切なペットをなくしてしまったら【ペット供養の手引き】

犬

ペットを火葬する時の届け出

ペットが亡くなって火葬を行う際、犬の場合は市町村役場へ届け出を行う必要があります。これは狂犬病の恐れがあるからです。猫などは届け出る必要はありませんが、ライオンや鷲などの特殊なペットは届け出なくてはいけないので、自治体に確認するといいですね。ペット供養を行う時には、忘れないように気を付けましょう。

供養の仕方

火葬を行う前に、ペットの体をタオルなどで拭いて清めてあげましょう。死後硬直が始まるまでに、普段通りの姿にしてあげるといいですね。また、安置する時は火葬場へ運ぶことを考えて、箱に入れるかシーツやタオルに寝かせてあげます。腐敗が進まないように、涼しい場所に安置しましょう。

埋葬場所の違い

合同供養塔

他のペットの遺骨と一緒に埋葬する方法で、費用が安いのが特徴です。埋葬している寺院や霊園が供養祭を行う場合があるので、その時に参列することもできます。

個別墓地

ペットごとに墓地と墓石があります。人間と同じように、ペットの名前を入れたり、墓石のデザインを選ぶことができるのが特徴です。好きな時にお参りすることが可能なので、いつでも会いたいという人に向いています。

一緒に火葬できるもの

  • お花
  • ご飯
  • おやつ
  • 手紙
  • 綿製のタオル
  • 首輪
  • おもちゃ

ペットを飼っている人はここも注目!

犬

大切なペットをなくしてしまったら【ペット供養の手引き】

生き物はいつか死ぬ時が来ます。その時に慌てずにすむようにペット供養についてご紹介します。一緒に火葬できるものは限られるので、どれを入れるか考えておくといいでしょう。

READ MORE
動物病院

ペットに長生きしてほしい!【動物病院で健康チェック】

健康に長生きしてもらうためには、動物病院での健康チェックがとても重要です。なぜ重要なのか、千葉で病院を選ぶときはどうしたらいいかお教えします。

READ MORE
お墓と猫

ペット供養は進化している【慌てないように準備しておこう】

ペットが亡くなって火葬を行う時にかかる費用や、葬儀会社の探し方を知っておきましょう。大切なペットの形見を残したいと考えている人は必見です。

READ MORE
広告募集中